「優しい鎖」紅カオル/著  感想ノート

一言でもいただけたら嬉しいです。

  • 読了いたしました。

    山あり谷ありの波瀾万丈純愛物語でした。
    「優しい鎖」のタイトルの意味について考えてみました。
    「優しい」は祐一郎(漢字間違ってたらすみません)の優しさ。
    「鎖」はヒロイン(名前を忘れてしまいました(^_^;))の願望。
    もう少し束縛してほしいという、女性なら誰しも感じる好きな相手からの独占欲かなと思いました。

    茶道の家元という身分の人がどのような考えと生活をしているのかまったくわからないので、リアリティがあるのかないのかはわかりません。
    でも父親のプライドは理解できました。
    ユリカさんの行動は不可解でした。
    ああなってしまうのは子どもでもわかるでしょうに。

    「禅」のその後やナントカというバーの友人たちのその後やスピンオフなどにも興味が出ました。

    素敵なお話をありがとうございました(*^_^*)

    夢幻キリコ   2017/07/28 20:07

    夢幻キリコさま

    読んでくださり、ありがとうございました。
    タイトルの意味まで深く考えてくださるなんて。
    このタイトルは、何日も悩みに悩んで付けたものだったので、とても嬉しいです。

    そして、まさに夢幻さんのおっしゃるとおりです。
    そういった意味合いを込めています。
    初めて言われたのでびっくりしてしまいました。

    いろいろと奥深くまで読み込んでいただけて、感謝の言葉以外にありません。

    本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2017/08/03 19:50

  • ☆季沙羅様

    読んでくださってありがとうございます。
    千波に関して不愉快な思いをさせてしまったようで申し訳ありませんでした。

    そういう風に書いたつもりはないのですが……f^_^;

    ちょっと空気を読めないタイプにしたかっただけで。
    私の力量不足ということで勘弁してくださいね^ ^

    紅カオル   2014/08/21 20:18

  • 千波って本当にウザい。

    季沙羅   2014/08/21 11:18

  • ☆yunayuna様

    そうですよね、幸せな結婚は、想い想われた相手と。
    それが何よりだと思います^ ^
    権力は憎しみを産むだけですね。
    あともうひと息、ラストまで見守っていただけると嬉しいです。

    ありがとうございます^_^

    紅カオル   2014/08/03 05:39

  • 権力で何でも手に入れるなんて、馬鹿な親子だね。

    人の気持ちまでは、権力なんかじゃ手に入らないというのに。。。
     
    別の人を思っている人との結婚なんて、誰も幸せになんてなれないよ。



    毎日、更新ありがとうございます。
    続きを楽しみにしています♪

    yunayuna   2014/08/02 09:20

>>全て見る