「出来すぎるぼくに出来ないこと」氷川マサト/著  感想ノート

初めて書いたSFです。
ロボット工学的に間違っているところがあるかもしれません(^^;

  • >ひらび久美さま

    とりとめもない短編に、素晴らしいレビューとご感想を、どうもありがとうございます!

    出身大学の藤子不二雄同好会の年会誌に送った原稿でした。
    この年会誌が、今のところ氷川真紗兎としては唯一の紙出版です(笑)

    同好会の後輩たち、けっこう「出来ちゃう君」が多いんですが、あのシーンは
    「切ない、残酷、観てるだけでトラウマ、身も蓋もない、一生立ち直れない」
    とのことでした。

    どっちと結婚するか、一般的に言って、けっこう究極の選択だと思いますが。
    「彼女」は男前ですよね(^^;

    コミックスでは、彼らの子ども世代もみんな仲良くしてる描写があって、読んでて和みましたよ。

    ……と、延々と語ってしまいそうなので、このへんで。


    お読みいただき、ありがとうございました!

    氷川マサト   2015/05/27 22:08

  • こんにちは。遅ればせながら拝読しました。

    最初は漠然とファンタジーなんだ、と思っていたら、「ああ、あの映画のあのシーンね」と気づきました(笑)。

    んー、難しい。難しい、難しい!
    (何を悩んでいるかって? NくんとDくんのどちらを結婚相手として選ぶかです!←って違)

    なんだかんだ言いながら、彼ら4人の友情が大人になっても続いていくのはすばらしいことだと思います。

    Dくんが奧さんもらってたのは初耳です!
    幸せになってくれたのならよかった。とてもいい人だと思っていましたから(でも、この作品を読んでいたら違うのかな、なんて思ったり……)。

    またほかの作品にもお邪魔します!
    どうも失礼いたしました!

    ひらび久美   2015/05/27 17:18

  • >華さま

    宛名の「さま」は書き癖みたいなものなので、気にしないでください。
    ですます調も、メールやSNSでもほとんど崩さない、ただの書き癖なので。


    この話のモデルにした出木杉くんは、ちゃんと奥さんもらってるし、のび太夫妻とも仲がよさそうなので、大丈夫ですよ(笑)
    息子を野比家に預けて火星に長期出張に行ったりしてます。

    科学者でSF小説家のアシモフが提唱した「ロボット工学三原則」の筆頭は「ロボットは人間を傷つけてはならない」。
    だから、「自分を犠牲にしてでも人間を守ろう、人間の役に立とう」というのがロボットたちの「本能」なんです。

    この話も、アシモフのロボットのイメージで書きました。
    人間みたいにエゴがないロボットたちだからこそ、純粋に「本能」に従って、優しい存在になり得るんですよね。


    コメントありがとうございました!

    氷川マサト   2015/05/26 03:28

  • マサトさん♪

    嫌でしたか!?すみません(∩.∩)

    マサトさんの方こそ『さま』づけいいですよ?

    マサトさんの方が年上なのですから。



    さてと、寝てしまってコメント入れれませんでしたがこちらは昨日読ませていただき、ました。(笑)

    マサト様のは優先的に見るに決まってるじゃないですかぁ。(エヘン)暇は作ります。



    「あなたはひとりでなんでもできるでしょ」


    こーいう、発言は女性目線から

    『君は一人で大丈夫だけど、彼女は違う・・・』

    見たいにフラれる話は何種類か読んだことがありましたけど、男目線では初めてだったので新鮮な気持ちで読みました。

    主人公は、何でもできるけどでもそれだけでは幸せは掴めないんだと少し悲しくなり、主人公にぴったりの相手をロボット以外で見つけて幸せになってほしいと思いました。


    でも、この作品のロボットすごいですね。
    小さい子供と一緒にいるようなほっこり感が伺えました。(笑)
    無機質な鉄やコンピュータの塊なのに温かく包み込まれていく感じがして素敵な作品でした。(笑)

    紅季華   2015/05/25 18:57

  • >ナキムシさま

    お読みいただき、ありがとうございます!

    【車の中で】と【私の弟たち】を読ませていただいて、ナキムシさんがすごくまじめで頑張り屋な人なんだと感じました。
    優等生で「いい子」で、苦しくても、言葉を呑み込んでしまうのかな、と。
    弟さんに譲ってあげたり、弟さんのワガママを許してあげたり。

    取り柄がないってことはないと思いますよ(^^)
    【大人になりなさい】や【嘘つかないで】の言葉、すごく丁寧に選んである印象を受けました。
    まじめさも丁寧さも、取り柄ですよ。
     ↑
    作品を通してしか人柄をうかがえない中で、わかったような口を利くのも、なんかズレてるかもしれませんが。


    『STAND BY ME ドラえもん』で、出木杉が酔っ払って、ふられた理由を口走ってました。
    そこから着想して、この話を書きました。

    僕も、ナキムシさん同様、能力的にはそこそこ器用なタイプなんです。
    そのくせ、生き方や考え方は、変に不器用なところがあるんです。
    だから、のび太たちメインキャラじゃなく、出木杉に妙にシンパシーを覚えてしまって(^^;


    ドリーミィのような、しゃべれて動けて柔らかいロボット、早く開発されたらいいですよね。
    今、ソフトバンクのpepperがいちばん賢いのかな?
    ロボットの情報は、ネットで調べて読んだりして、すごく楽しいんですよね(^^)


    趣味丸出し、且つ、アラサー男の弱音・愚痴ばかりの話を読んでいただき、ありがとうございました!

    氷川マサト   2015/05/25 11:16

>>全て見る