編集部からのお知らせ

「裏腹な王子は、今日も私に求愛する」紅カオル/著  感想ノート

結婚を急ぐ拓海と、その魔の手から逃れようとする実花子。ふたりの行く末を見守っていただけたら……。ひと言でも書き込んでくださったら嬉しいです。

  • 367ページ 誤字です。 拓海の唇が振ってきた。
                 拓海の唇が降ってきた。
    こういう時は、「キスの雨が降る。」のようなイメージで使われる言葉の応用です。

    スーベジ   2017/03/08 04:04

    ☆スーベジさま

    はじめまして。
    この度は、たくさんの誤字脱字をお知らせくださいまして、ありがとうございました。
    さっそく修正いたしました。
    本当にありがとうございます

    作者からの返信 2017/03/08 19:10

  • ページを書き忘れました。 面白く読ませてもらいました。

    誤用ですのコメントは、347ページです。
    文字抜けは、364ページです。

    スーベジ   2017/03/08 03:58

  • 文字抜けです。 「……捨てられるがないだろ」
            「……捨てられる筈がないだろ」
         または「……捨てられる訳がないだろ」

    スーベジ   2017/03/08 03:44

  • 誤用です。  私に助け船をよこしているような目だった。
           私に助け船を求めているような目だった。
    どうしても「よこして」を使いたいのなら、「よこして欲しがっているような」というように表現を変えれば使えます。

    スーベジ   2017/03/08 03:32

  • coco&G様

    はじめまして。
    面白かったなんて嬉しいです。
    夢中で読んでいただけて本当に良かったです。

    白鳥さん夫婦の馴れ初めとは、考えもつきませんでした(*^^*)
    確かに気になるかも!(笑)
    三人の新生活は、いつか書きたいなぁとは思っています。
    そのときにはまたよろしくお願いします。

    書き込みありがとうございました。

    紅カオル   2016/06/25 19:43

>>全て見る