見せたくないのに見せている人たち、騒ぎたいから騒いでいる人たち、、、
 最近は本当に何がしたいのか分からない人たちが多過ぎて困る。
タレントや女優の記事を読んでみると「スタイルが、、、」とか「目のやり場に困る」とかいう記事が並んでいたりする。
 かと思えば一方では「あの人にやられました。」とか「行ってみたらこうでした」とかいうお騒ぎ記事が躍っている。
 やることには無制限で何も言わず、やられたらとことんまで切れて訴えまくる。
 自己中心的な人間がこれほどまでに増えてしまったんだね。 情けない。

 女優だとかタレントだとか言えば何も言わないだろう。
そんな自惚れや思い込みは捨ててもらいたい。
 ただ単に目立ちたいだけの芸能人なら要らないし、いずれは捨てられるだろう。
 ちょっとさ、女性たちの言い分には矛盾が多過ぎるんだよ。
 超ミニスカートの人に「それは無いだろう。」って言ったら「あんたに見せてるわけじゃない。」って言ったって人も居るらしいけど、、、。
履いた時点で見てもらいたいと思ってるのはバレバレなんだよ。
あんたに見せたくないって言う前に限度を考えろよな。
 その反面、mさんの問題はどうだ?
ここぞとばかりに有るような無いような告白が出るわ出るわの大騒ぎ。
 されるのが嫌だったら最初から関わるなよ。 迂闊に関わった自分のことは何も考えてないよね?
「やったあいつが悪い。」 そうかもしれないけどさ、それはあなたの傲慢だよ。
油断と甘い考えを反省してくれよ ちっとは。
 女性社会の言ってることとやってることがあまりにも矛盾してるんだよね。
それに対して誰も何も言わないのはなぜ?
< 1 / 1 >

ひとこと感想を投票しよう!

あなたはこの作品を・・・

と評価しました。
すべての感想数:0

この作品の感想を3つまで選択できます。

この作家の他の作品

二人でお酒を飲みたいね。

総文字数/172,764

恋愛(その他)58ページ

表紙を見る
カフェラテdeプリンのカサブランカ日記

総文字数/145,791

実用・エッセイ(生活・趣味)64ページ

表紙を見る
さよならの春 ぼくと真奈美の恋物語

総文字数/36,752

恋愛(純愛)15ページ

表紙を見る

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

この作品をシェア

pagetop