改札を出ると、莉玖が『仲間のとこに行ってくる』と、家とは別の方向に歩いて行った。

 ・・・多分、嘘だ。

 莉玖もきっと、1人になって泣きたいのだろう。

 ワタシの前で泣いてくれていいのに。

 そしたら、いっぱい慰めるのに。

 お母さんの代わりに、ワタシが。

 ・・・ワタシじゃダメなんだ。

 ワタシがお母さんの代わりになれない事を分かっているから、莉玖はワタシに甘えてこないんだ。

 莉玖、ごめん。

 ワタシが上手くお母さんと話合っていれば、莉玖からお母さんを奪ったりしなくて済んだのにね。

 どうしようもないお姉ちゃんでごめん。


 「・・・うぅ」

 お父さんに、莉玖に、木崎センパイに、木崎センパイのお母さんに申し訳なくて、お母さんと暮らせない事実が悲しくて、涙が出た。

 袖で涙を拭いながら、家へと歩く。

 何度目を擦っても、次から次へと滲んでくる。

 ・・・が、家に近づいた時、ピタっと涙が引いた。

 家の前に、見覚えのある姿があったから。

この作品のキーワード
高校生  イケメン  不倫  切ない  青春  出会い  泥沼  愛憎    浮気