「・・・話し合ってはいないんだ??」

 木崎センパイがあからさまに不満気な顔をした。

 「・・・はい」

 だって、嫌だったんだもん。 気持ち悪かったんだもん。

 それに、木崎センパイに『ちょっと』何かある様に、ウチにだって色々ある。

 「ウチ、弟がまだ小6なんですよ。 ・・・あんまり事を大きくしたくないんです」

 お母さんのせいで、まだ小学生の弟の胸を痛めたくない。

 「小6って、言う程コドモじゃねぇだろ。 話せば分かるだろ。 ちゃんと弟にも話せよ」

 木崎センパイは、小6の心を傷付ける事に何も抵抗がない様だ。

 ・・・鬼畜だ。

 木崎センパイは悪くない。

 悪いのは、ウチの母親と木崎センパイの父親だ。

 分かっているけれど、木崎センパイの言い分が、やり方が気に入らない。

 腹が立つ。

 ・・・もう、怒らせてもイイや。

 物凄い顔で睨まれようとも、罵声を浴びせられようとも、女に手を上げる事はないだろう。

 ・・・別にイイや。 殴られても。

 だって、ムカつく。 言わなきゃ気が済まない。

この作品のキーワード
高校生  イケメン  不倫  切ない  青春  出会い  泥沼  愛憎    浮気