-------------3時間目が終わり






沙希と『そろそろ小腹が空いてきましたねぇ』などと言いながら、次の授業まで席でダラダラしていると






「莉子ー、木崎センパイが呼んでるよー」






クラスメイトの梓ちゃんがワタシを呼びに来た。






教室のドアの方を見ると木崎センパイが立っていて、ワタシを見ている。






絶対に怒っている。 あんなヒドイ事を言われて怒らないハズがない。






------------こーわーいー!!






「沙ーー希ーーー。 ついて来てー」






沙希を道連れにしようと、沙希の制服を引っ張るも






「1人でちゃんと謝ってこい。 バカタレが」






サクっと断られた。






沙希に昨日の話をしたら『反省してるみたいだから莉子の事を嫌いにはならないけど、人としてどうかと思う』と若干の軽蔑を受けた為、『謝らない』とか『逃げる』という選択肢はワタシにはない。






沙希にまで嫌われたら、人生終わりだ。

この作品のキーワード
高校生  イケメン  不倫  切ない  青春  出会い  泥沼  愛憎    浮気 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。