「ラナ……!」


急いでラナに駆け寄り、彼女の手を取ろうとする。


動かなくなった少女の手は、石のように固かった。

石のよう、ではない。


彼女の服も髪も、そして体も、全てが石と化していた。

空を飛んでいた小鳥も地に落ち、花は風に揺らいだ姿のまま固まっている。


何もかもが石となり、動きを止め、時間を止めていた。


ティアナは体を震わせながら二、三歩後ずさると、すぐに薔薇のアーチのほうへと駆けだした。

アーチも番兵も、石と化している。


「嘘よ、嘘よ!」


ティアナは髪を振り乱して、城内に駆け込んだ。

しかしティアナの期待に反し、現実が次々と目に飛び込んでくる。


久々に足を踏み入れた城内の、何もかもが石となっていた。

玉座の父も、母も、そしてジルも。


あの一瞬で、全てが灰色に染まったのだ。

ただ一人、ティアナだけを残して。


ティアナの足から力が抜け、床に膝をつく。

ティアナは涙を流し、現実から逃れようとするように頭を抱え、目を強く閉じた。


「嘘よ……こんなの」


膝に伝わる冷たく硬い石の感触が、ますますティアナを追い詰める。


「いや……いや、いやあーっ!!」


ティアナの悲鳴に反応するかのように、指輪の宝石が再び眩い光を放ち、彼女をすっかり包み込んだ。


しかしそれもまた一瞬のこと。


光が静まったその場所に、ティアナの姿はあとかたもなかった。