「とうこー」

店内に入り、声をかけながら塔子の座るいつもの席へ行くと、塔子も来たばかりなのか、テーブルにはまだ何もなかった。

「ビールでいい?」
「うん」

塔子が店員さんに生中を頼み、食べ物のメニューを見る。

「今日は、春斗君は一緒じゃないの?」
「仕事」

「そっか。それは残念だね」
「なんか、少しも残念そうな顔に見えないけど」

ニタニタとしている目の前の塔子に言うと、とんでもない。と言ってわざとらしく手を顔の前で振っている。

「塾は、夜が本番だからね」
「そうだよねー」

「午前中の方が、自由が利くみたい」
「休みは?」

「平日が多いかな」
「なんか、休日があわないのって、ちょっと寂しいね」

「しかたないよ。お互い、今更仕事を変えるわけにもいかないし」

学生の頃のバイトならまだしも、成人してちゃんと働いている二人が、恋愛のために転職なんてそうそうできるはずもない。

「一人が寂しかったら、いつでもこの塔子さんが温めてあげますよ」

わざとらしく着ているカットソーから片方の肩を出してみせて、誘惑するような顔つきをしてみせる。

「そういうのは、男の人相手にやってください」

笑って拒否すると。はーい。なんて手を上げている。