声を聞くたび
ドキドキして・・・・。
でも、胸が締め付けられる


いつも、君が乗る電車に乗る私。

気付いてるかな?

私に・・・・・気付いてるかな?


「俺、お前の気持ち忘れない。」

そう、いってくれたよね。

だけど・・・・やっぱり。
君の目のなかに入ることはできないんだ

あたしの事も、見てよ。

目次