夕食の片付けが終わり隼の部屋へ行くと


「結衣、明日どこか行きたいか?」

隼声をかけてきた。


「外、行っていいの?」


「ずっと出てないから行きたいだろう。」


「隼が一緒に来てくれるの?」


「当たり前だ。」


私は、ラ・フルールとAILESに行きたいことを伝えた。


家の花は司や由香里さんが花を買ってきてくれるから前と同じように飾ることが出来る。


でもAILESにはあれ以来一度も行っていない。


黒埼さんにきちんとお礼を言っていないことも気にかかっていた。

この作品のキーワード
極道  若頭  ヤクザ  再会  恋愛  溺愛  イケメン  大人の恋  独占欲  バリトン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。