「うう~っ……もう腕がパンパン……」

部室で着替えて、ラケットバッグを背負うのも腕が痛い。

「だいじょうぶ~? 今日の亜美、ダメダメだったね~」

3年の部長、小林先輩がそんなあたしを見て慰めてくれる。

「はい……なんとか……お先に失礼します」

ギクシャクとした動きで頭を下げ、挨拶すると部室を出た。

「お疲れ」

部室の外で待っていた翔平はあたしを見守るような顔。

すでに筋肉痛で、疲れているのがわかっているのだろう。

「おつかれ……はぁ……」

「ラケットバッグ、駐輪場まで持ってやるよ」

あたしの返事を待たずに、肩から下ろしてくれる。

優しくて、こういう気遣いが出来る翔平は意外とモテる。

「ありがとう」

この作品のキーワード
高校生  部活  合宿  事故  天然石  ブレスレット  切ない