談話室に入ると、あたしたちはぐったりとイスに身体を委ねる。

「話してください。田島先輩」

田島先輩は不安な瞳を小杉に泳がせた。

小杉は落ち着かなげに談話室を見回している。

ひかりの姿を探しているのだろうか。

「……あの子が邪魔だったの」

田島先輩はゆっくり話しはじめた。

「あたしたちは健人と付き合う同盟みたいなものを作っていて……」

「あたしたち?」

「亡くなったまどかと美月。あたしたちと健人の間に入ろうとするあの子が邪魔で、あの日……事故の日……呼び出したの。美月の友達の彼……彼もバイク事故で死んだんだけど……たまたまあたしたちがいつもいるたまり場に来ていて、あたしたちがあの子を虐めるのを見ていたの」

「虐める? ひかりになにをしたんですかっ!?」

小杉は田島先輩の話を聞きたくないようで、両耳を塞ぎ俯く。

この作品のキーワード
高校生  部活  合宿  事故  天然石  ブレスレット  切ない