その夜、あたしは夢を見た。

日本人形のようなひかり。

日舞のお稽古をしていたのか、あでやかな真紅の着物姿。

ふいに場面が変わり、あたしは見たこともないマンションの廊下に立っていた。

その先に見えるのはあたしを同じ制服の女生徒。

すぐ後ろにひかりが立っている。

「?」

女生徒は松葉づえでかろうじて立っていられるくらいに安定感がない。

彼女の足元を見ると、片方の膝から足がなかった。

あたしはすぐに電車に轢かれた3年生の女生徒だと思った。

その女生徒を見ていたひかりはふいに3メートルほど離れたあたしに顔を向けた。

そしてニヤッと笑う。

「ひかり?」

次の瞬間、ひかりは女生徒の背中を押した。

背中を押された女生徒は手すりから身を投げ出したのだ。

「きゃーっ!」

カタンと、松葉づえが廊下に倒れる音とあたしの悲鳴が響く。

急いでその場から下を見ると、女生徒はコンクリートの地面の上で無残な姿に変わっていた。

この作品のキーワード
高校生  部活  合宿  事故  天然石  ブレスレット  切ない