私は、生きる意味を、

これは、未来のお話

時は2638年日本は進歩をとげた。

いや、変わりすぎた。



そして、私は時代をかえる。

そう信じてあの"時代"に行った。

目次

この作品のキーワード
幕末  新撰組  坂本龍馬  トリップ  ロボット  未来  吉田稔麿  高杉晋作 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。