教室に入ってもいつものように陰口が
聞こえてこない。

どうしたんだろ…

周りを見ると、みんな窓のそばで外を見ていて

「雷竜のみなさま!がんばってくださぁい!」

「生ケンカとかすげぇ!」

そんな声が聞こえてきた。

おもしろそう!

見に行こっと。

私はカバンにメロンパンをほりこんで
教室を出た。

この作品のキーワード
暴走族  孤独  美少女  最強  財閥    過去  ブルー15