ーーーーーーーー
ーーーーーー


目が覚めた私は、一気に顔をしかめた。


『………嫌な予感がする。』


当たらないに越したことはない。

でも…こういう時に限って

当たる率が高い。


念には念を…ということで

私は朝、理事長室に向かった。


この作品のキーワード
暴走族  過去  最強  美少女  イケメン  逆ハーレム  仲間  総長  俺様  胸キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。