私が目を開くと隣に彼がもう目覚めていた。



「おはよう、今日も可愛いな」



すると、おでこに生温かい感触を得る。



寝起きの私は数秒なにが起こったのか分からなかった。



けれど、しっかり意識を捉えると頬が熱を持つ。



するとグイっと彼の胸へと引き寄せられる。



「離して」


「ったく、素直じゃないなぁ~子猫ちゃんっ」


「勘違いも程々にしてくれる?」



押しのけようとしても、しっかり腕が巻き付いてて離れなれない。



密着しすぎて彼の心音が直に聞こえる。



あっれ?

私と同じぐらい彼の鼓動が早いような……



男の人ってこんなもんなの……?



この作品のキーワード
イケメン  強引  俺様  恋人  レンタル  あまあま  独占欲  ドタバタ  美男子  肉食 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。