風呂上り、ベットでうつ伏せになり、最新号のファッション雑誌をペラペラとめくっていた。



「脱いで」



すると、唐突にかかる声。


もちろん、この部屋には私と彼しかいない。



「はぁ?何言ってるの」


「上だけでいいから」



ガバッ手で身体を隠すように覆った。



「ねぇ、また変なこと考えてない?」


「ない!」


「怪しい……」


「俺、信用されてないのな……」



彼はため息を漏らした。



昨日あんなことしといて、そう考えない方がおかしいでしょ。



「本当に本当に変なことしない?」


「しない」



この作品のキーワード
イケメン  強引  俺様  恋人  レンタル  あまあま  独占欲  ドタバタ  美男子  肉食 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。