彼が去った後、1週間ほど私は悲しみを通り越して無心とも言える状態だった。



なんにもやる気が起きない。



翔が来る前って、私、何してたんだっけ?





改めて、思いの外、翔に想いをつのらせていたことに私は気づく。



本当は本当は、なんだかんだで彼を受け入れている自分がいた。


彼が笑ってると、私も嬉しくなる。

彼が寂しそうな顔をすると、私も悲しくなる。



でも、もう彼はいない。



憎まれ口ばっかり言ってた自分を悔やむ……



そうじゃなかったら、彼はもっと笑ってくれた?

もっと、楽しんでくれた?

もっと、私を好いてくれた?




私……彼になんにもしてあげられなかったよ……




シンとした部屋がひたすら私に悲しみを煽った。



この作品のキーワード
イケメン  強引  俺様  恋人  レンタル  あまあま  独占欲  ドタバタ  美男子  肉食 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。