本気で愛したのはひとりだけ。


「何人の女を、抱いたの?」


そのひとりに 
こんな顔をさせたのは、俺。


「どうしたら、信じてくれる?」



身体だけでは満たせない。

そんな想いがあったこと、
お前に会って、初めて知ったんだ。


(体温ごと、抱きしめたい)


まずは、お前の耳元で
愛だけを、囁いてみよう



※性描写有り。
苦手な方はご遠慮ください。

この作品のキーワード
ベッド      一途  身体 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。