"筆を擱いて、そっと出てみると、

文鳥は自分の方を向いたまま、留まり木の上から、

のめりそうに白い胸を突き出して、

高く千代と云った。

三重吉が聞いたらさぞ喜ぶだろうと思う程な美い声で

千代と云った。"


────夏目漱石『文鳥』

この作品のキーワード
結婚  出産  流産  死産  子供  妊娠  赤ちゃん       

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。