ハッピーウェンズデイ。
4月の頭の水曜日。


社内の誰もが定時に帰りなさいよーと推奨されるこの日。

17:30ちょうどに、私はパソコンで退勤をクリックする。
ウィンドウズ終了!


「お先に失礼します!」


狭いオフィスで声を張ると、課長と50代社員の白木さんが「お疲れ!」と返してくれた。
他の社員は営業で外出中だ。


小型家電メーカー燦々(さんさん)電器(株)。
第三営業部は電器ポットをメインに扱う部署で、
私以外はベテランのおじさん営業マンしかいない。
社内イチ地味と評判の私にはおあつらえ向きの部署だ。


東京駅近くの小さなオフィスビルを飛び出し、電車に乗る。

大きな池が有名なI公園が今日の私の目的地。

この作品のキーワード
アラサー  OL  年下男子  秘密  あまあま  地味子  肉食系男子