しかし、私が「よかった」のはここまでだった。

弓枝ちゃんが、結婚祝いだと広報課のおじさん社員たちに呼ばれ席替えがすると、須賀くんが攻勢に出てきた。


「倫子さん、飲んでます?」


「私……あんまり飲めないから」


「嘘だー。実は割と飲めるって知ってますよ。俺、何年も倫子さんのこと、見てるもん」


「いや、ホント無理だから」


「ねえ、何の話しましょっか?俺たちもっと、お互いのことを知り合うべきだと思うんですよね」


やだ!
白木さーん、助けて~!

と横を見るけど、白木さんは他の若手社員とまたしても一気飲み対決中。
これだから体育会系は!


「大学時代の話とか?ね?俺はねー……」

この作品のキーワード
アラサー  OL  年下男子  秘密  あまあま  地味子  肉食系男子