私は彼の話をうんうんと流しながら、なるべく親密に見えないように顔をそむけ続けた。
場のごまかしに、目の前にあった日本酒をゴクゴク飲む。

後で気付いたんだけど、その日本酒が次々追加されていたのは、須賀くんの手配だった……。


「ねえ、倫子さん。もう少しこっち見てよ。俺の顔嫌い?」


「嫌いとかじゃなくて……その……」


「倫子さん、他に好きな男がいるわけじゃないんでしょ?なら、いいじゃん俺で」


お酒も進み、場もくだけ、須賀くんはどんどん大胆になっていく。
周りの目(なんて、ほとんどないけど)を気にせず私を口説き始める。

私は逆に周囲を気にして、怒って拒絶ができない。

この作品のキーワード
アラサー  OL  年下男子  秘密  あまあま  地味子  肉食系男子