神崎柚木と言う少女が去った後の廊下は、空気が重たかった。


王宮の皆は、唖然としてる。

「いってぇ。何あの眼帯女。
イキナリ蹴りやがって!!」

眼帯女…基…神崎柚木は、瀬戸光希に回し蹴りを食らわした。

神崎柚木の容姿は、とても美しい。

回し蹴りも美しく見えた。

この作品のキーワード
逆ハー  イケメン  先輩  暴走族  ウケる