「え? 今、なんて言いました?」


なんだかとんでもない冗談を聞いたような気がする。

ううん、まさかね。

この王子様のようにイケメンで優しい常務が、突然そんなこと言うわけない。



「こんなこと2回も言わせないでくれよ。きみのことは、今日限りでクビにしようと思う」

「あっ、ですよね! そういう冗談って2回言うの恥ずかしいですよね、ごめんなさい!」

「いや、そうじゃなくて……」



常務ってユーモアもある人なんだ!

何から何まで完璧な自分のボスに、ついニンマリしちゃう。


私は常務の新しい一面を発見したことにニヤニヤしながら、足元に散らばった資料を拾い集める。

ちょっとね、手が滑って落としちゃったの。
そしたら常務がいきなり『クビにする』なんて冗談を仰るから、とっさに反応できなかった。



「おい、顔を上げてよく聞け」



床にしゃがみ込む私の視線の先に、隅々まで磨かれた焦げ茶色の革靴が映り込んで、頭の上から恐ろしく低い声が降ってきた。

この作品のキーワード
シンデレラ  秘書  運命  秘密  魔法  あまあま  常務  王子様  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。