じめじめした梅雨が開けるのを、今か今かと待ちわびる7月の上旬。

本当なら、この春に4年制の大学を卒業した多くの友だちと同じように、一般企業に勤めて平凡だけど幸せなOL生活を送っているはずだった。



だけど、私が内定をもらっていたはずの会社は、卒業間近になって倒産。

当然、内定も取り消し。

行くところもナシ。




困り果てた私は学生時代からのアルバイト先でバイトを続けながら、今も就職活動に励んでいる。


私のバイト先は『ラーメン猫丸』という名の、個人経営の小さなお店。

飲食店が立ち並ぶ通りから少し外れた場所に、ひっそりと暖簾を掲げる隠れ家のような『猫丸』には、コアな常連客が多い。



とてもいいバイト先で、店長も優しい人で、4年間で何人ものお客さんと仲よくなった。

だけど、バイト代だけではとてもじゃないけど生活していけない。



「私は、ちゃんとした職が欲しいの!」



あーう、ちょっと飲み過ぎたかも。

さっきまでその『猫丸』で今日の面接のひとり反省会を開いていて、いつもより一際盛り上がってしまった。

この作品のキーワード
シンデレラ  秘書  運命  秘密  魔法  あまあま  常務  王子様  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。