それは、運命か――

導かれるように現れた少女は、見知らぬ惑星の者。

少女にとって高文明の世界は異質で、まるで夢の世界に等しい。



その世界で若者と交流を深めていくが、少女の唯一の心残りは懐かしい故郷。


※改行を増やして、読み易くしました。

この作品のキーワード
異世界  トリップ  科学者  侍女  年齢差  身分差  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。