○あとがき○



 まずは。

 なが~くなってしまったこの拙作にお付き合いくださり、

 本当にありがとうございました。


 できるだけ楽しんでもらおうと。


 笑えて、

 ちょっと切なくなれて、

 ドキドキ。

 ハラハラ。

 キュン


 してもらおうと、書いたお話です。

 
 それだけじゃなくて、

 何かを感じてもらえれば、とも。

 考えながら書いたつもりです。


 主人公には成長してもらって。

 読んでくれてる人に、

「こういう恋愛、したいなぁ」

 と思ってもらえるように。



 楽しんでもらえましたか?

 何か、心に残ってくれましたか?


 願うばかりです。



 話のなかに、ピンクトルマリンの件が登場しますが、

 実はこれ、偶然の産物で。


 執筆しながら、

「ピンクの石…って言ったら、わかりやすいのはピンクトルマリンだよな」

 ってなことで、つらつらっと書いたのですが、

 数日後、

 たまたま立ち寄った、パワーストーンのお店で効能の書いてある紙をもらいまして。

 「そういえばピンクトルマリンの意味ってなんだろ?」

 麻紀みたいに、読んでみたのです。


 そしたら。

 文中に出てくる通りです。


 『過去の愛を浄化し、新たな愛を導く』


 ビビりました。

 唯衣みたいに。

 流川との今後を暗示するアイテムとして、最適じゃん! と。

 こんな偶然もあるのだと。

 そこで急遽、話のなかで、麻紀にそれを言わせたというわけです。


 いや~、今回はこの話を書くために時間を使ったんだなぁ…とあらためて感じました。