時間ピッタリ。



あたしは目を覚ます。


どこで寝ていても、どんな状況でもこの習慣は変わらない。





……のだけど。



「出れないぃ~」




昨日は藤井に抱きしめられたまま眠りについた。



朝になっても変わらず、あたしのことを強く抱きしめている。




まだ眠っているはずなのに、その力は強く抜け出せない。



早く出ないと、家に帰ってお弁当とか準備して戻ってこれない。





ここからあたしの家まで、走っても往復30分はかかる。




だから早く藤井の腕から抜け出さなきゃ。



そう思い、藤井の胸板を押して離れようとするけど、離れるどころか逆に抱きしめる力が強くなる。







この作品のキーワード
メイド  ご主人様  貧乏  大金持ち  同居  一つ屋根の下  秘密  俺様  溺愛