あたしがメイドのことを受け入れ、満足気な顔をした彼。



って、そういえば……。





「あなた、誰?名前は?」



あたし、この人の名前知らないや。


あたしのことは知ってたみたいだけど。



名前も知らない人のメイドをするって、あたしバカでしょ。





「はぁ!? お前、俺のこと知らねーのか?」



「だから聞いてるんじゃん」




即答で返すと、だよなって苦笑いをする。





「俺は、藤井翔(ふじいしょう)。今日からお前のご主人様だ」



何この俺様!?



虫唾が走るわ。





この作品のキーワード
メイド  ご主人様  貧乏  大金持ち  同居  一つ屋根の下  秘密  俺様  溺愛