「ようやく見つけた。俺の餌」

「いやいやいや、近づかないで。」


突然目の前に現れたのは、口の端に真っ赤な鮮血をつけた吸血鬼でした。



「いただきます。」




吸血鬼

×

女子大生



2014.5.17〜

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。