翌日、社長に依頼物のネックレスを渡すとよくやったと褒められた。


抱きしめられ、頭をくしゃくしゃにされながら……




社長がそんな事する人だとは、思わなかったけど、後から安西先輩に聞いたら私のことを相当心配していたらしい。




それもそうか……

一人でやったのは今回が初めてだし。


新人の私はいつも誰かしら先輩と一緒に担当してたから。





そして、そのあと斗真との縁を全て切った。




まず、即座にあのアパートを出た。


アドレス、電話番号も消去&着信拒否設定。


今までのメール内容も全削除。




もう、向こうから連絡が来ることは絶対ない。




そして、これは依頼遂行用のスマホだから会社に返上する。



この作品のキーワード
偽装  恋人  ドキドキ  偽り  溺愛  短編  元カレ  再会  秘密  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。