3日後―――




突然、非通知の着信。




「はい」


「あ~俺。久々しぶり、詩織」


「オレオレ詐欺なら、間に合ってます」


「うわ~。待て詩織。切るなぁ~」




なぜに斗真が私の電話番号を知ってるのだろうか。


一度、番号変えてるからそんなはずないんだけど。



友達当たってってとか?


まぁ、斗真ならやりかねなくもないか




「もう、何?」


「久々に会わねぇ?」




嫌だ!って言いそうになるのを一旦飲み込んだ。




いくらなんでもタイミングが良過ぎる。


わざわざ電話かけてくるぐらいだ。




やっぱり、あのネックレス見られてたか?


いや、それとも、単に美緒に逃げられたからか?




もし、前者なら、断れば完全に怪しまれること間違いなし。


ここは安全牌をとった方がいいと思い……




「いいよ。会っても」




その後、詳細を決めて電話を切った。



この作品のキーワード
偽装  恋人  ドキドキ  偽り  溺愛  短編  元カレ  再会  秘密  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。