「はぁ…」




何か展開が早すぎて…頭がついていかないよ…。




週明けの月曜日、会社でデスクワークをしながらそんなことを思う。


ちなみに私の会社は…某・アパレルメーカー。その本社倉庫に配属されて…早3年。
ここは2階建てで、その9割が倉庫となっている。ここから全国の店舗へ商品が送られていく。

あとの1割は…オフィス部分。仕切りはなく、倉庫と一体型。
ふと、だだっ広いそこを見ると…数多くの段ボールが綺麗に積まれて置かれている光景が目に映る。


そんなオフィス部分で私は仕事をしている。

デスクワークをする社員は男性6人、女性(私を含め)2人。ちなみに…私が一番後輩。
そして出荷業務にあたっているのは…全てアルバイトの方や派遣社員の皆さん。

男性社員はいつも出荷を手伝っているけれど…私たち女性社員はほぼ手伝いに回らない。
なぜなら、その間の電話応対や各店に配る備品の手配など…やることが多いから。


そして今は…納品されてきた商品に入っていた納品書を見ながら、パソコンにその商品の数を打ち込むという作業をしている。



カタカタカタ…



数字を打ち込んでいくと、パソコンからは規則正しい音が響く。



「ねぇ!坂井さんっ」



「あ、はい!」


順調に数を打ち込んでいると升野(ますの)さんという男性社員に声をかけられる。



「それって今…マルエイ(メーカー名)の数、打ってる!?」



「あ、はい!ダメでしたか…?」




あぁどうしよ…変更だったのかな…?




「あ、いやっ…それで大丈夫!そのまま続けて?」



「あ、はいっ」


升野さんに返事を返し再びパソコンに向かう。




あぁーよかった…変更じゃなくって…。




そう安心したのも束の間。



ブーッ…ブーッ…



机の上に置いていた携帯のバイブが鳴る。




メールだ…誰だろう…?




そのバイブの短さからそう判断した私は、その画面を見る。





この作品のキーワード
大人の恋  オフィスラブ  年上  イケメン  初めて  甘々  あまあま  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。