バーハルの街は王都から北に位置する場所にあり、王都と比べ夏でも涼しく、避暑地として人気の観光地だ。
 他にも酪農が盛んな為自然豊かで、牛や鳥から取れるミルクや卵が新鮮な状態で沢山手に入るという事で、バーハルの街には多くの菓子店が軒を連ねる激戦区ともなっている。

 同様の店が多い分、どの店も生き残る為に味や見た目を工夫し、王都では見る事のない変わった見た目のお菓子などお菓子の種類は数え切れぬほどで、観光目的ではなく菓子店を回る為だけに遠くから来る者も少なくない。

 ユイにとってまさに夢の国だ。



 駅に着くと、合宿が行われる場所まで行く馬車が用意されていた。

 馬車とは言われ形も同じだが、実際馬の姿はない。
 昔は馬が引いていたのだが、近年では魔具の開発により、馬に変わり御者が魔力によって動かせるものに変わってきたのだ。
 多少値段はするが、馬よりも早く重い物を運べ、馬が疲れる事も怪我の心配もなく、少量の魔力で動き長時間の連続使用も可能である事から急速に普及している。

 しかし、全ての馬車が魔力で動く訳ではなく、買うほどの金の余裕はない、魔力が少ないなどと、半数は未だ馬によって引かれている。



 その馬車に乗り込む為、集合の号令が掛かったが、ユイは聞こえていないのか、並ぶお菓子の店に目が釘付け。

 今にも駆け出して行きそうなユイの腕をイヴォが掴む。

 しかし、捕まれたのはユイだけではなく、クロイスもまたライルに捕獲されていた。
 甘い物が嫌いそうな見た目に反して、ユイと同じで無類の甘いもの好きのクロイス。


「何をする!離せライル」

「離してー」

「はいはい、また後でね」


 子供のように駄々を捏ねるユイとクロイスを引きずり、問答無用で馬車に放り込む。


「ああぁぁ、こんなに目の前にあるのにぃぃ」

「諦めろ」


 馬車が発車し、名残惜しそうに通り過ぎていく店を眺めるしかなかった。



この作品のキーワード
溺愛  一途  王子  最強  魔法  学園  貴族 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。