今年も、会社前の通り沿いを彩る桜並木。

それをこの会社の窓から見る、5度目の春。





「では、以上の内容で編集させていただきます」

「はい、よろしくお願いします」





『(株)大竹映像制作会社』、看板にそう書かれたビル。

そこの三階の小さな応接室でクライアントとの打ち合わせを終えた私は、去って行く相手を見送り手元の書類をトントンと揃えその部屋を出た。



…打ち合わせ一件、無事終了。

緊張感から解放されほっと胸を撫で下ろし、春らしい白いチュールスカートの少し長めの裾を揺らしながら、一人会社の廊下を歩く。

窓から見下ろす街には、至る所に桜の木が花を咲かせている。



この作品のキーワード
ほのぼの  無愛想  身長差  同期  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。