…どう、したんだろう。

見つめられたら、余計ドキドキするよ。うるさい鼓動が、何も考えられなくする。

どうしてだろう。その眼差しは、何を意味するんだろう。

触れた指先に問いかけようとした、その時



「青井くん、ちょっといいー?」

「「!!」」



突然トントン、と戸をノックする音と、響いたお母さんの声。それらに私と彼は我に返り、体をバッと離した。



「は、はい」

「寝ようとしてるところごめんね、彼方こっちにいる?…ってあら、美紅もいたの」

「う、うん。でっでも今部屋行こうかなって!」

「ならその前にちゃんと髪乾かしなさいよ」

「はっはーい」



どうやら彼方を探しにきたらしいお母さんに、私は思い切り動揺しながら立ち上がり、そそくさと戸のほうへと向かう。



「じゃ、じゃあ青井くんおやすみ」

「…ん、おやすみ」



そして彼の顔もまともに見られないまま、ささっと部屋を後にした。



離れてもまだ残る、彼の感触。触れた体温はあんなにも冷たかったのに、私の頬を熱くする。

瞼の裏にはその眼差しが焼き付いて、きっと今夜は眠れない。

心の距離が近づくのを、感じている。