嵐「俺は…椎花に、過去を話す。よかったら聞いて欲しい。」


椎「え…私なんかが聞いていいの?」


嵐はにこりと笑って言った。


嵐「椎花だから…聞いて欲しいんだ。」



そっか。


私が呟くと、嵐は話を始めた。



この作品のキーワード
暴走族    黒猫  美少女  過去  孤独