「あら、梨子ちゃん今日も合コン?」


仕事を片付けて、少し気合いを入れて更衣室で化粧を直した。

いつもよりおめかししたわたしにそう言ったのは、事務の梅村紫枝さん。
わたしの先輩で、綺麗なお姉さんって感じの気さくな人。


「はい!今日もいってきます!」

「ふふ、最近気合いが入ってるわね」

「そりゃそうですよ〜、わたしもう21歳なんですもん」


短大を卒業してここに入社して、もうすぐ冬がやってくる。

この秋で21歳になったわたしは、彼氏いない歴も21年。
キスもその先も、もちろん知らない。

だから最近思ったの。
受け身じゃダメなんだ、出会いは自分から探さなきゃダメなんだって。


「梨子ちゃん可愛いんだから、そんなに焦らなくても大丈夫なのに」


そう言う紫枝さんは社長と同い年なのに、年齢なんて関係ないくらいとっても綺麗なんだもん。

ちなみに社長の昔からの知り合いで、この会社を立ち上げるときに誘われて入社したって。

なんの知り合いかは、知らない。

この作品のキーワード
社長  年の差  あまあま  OL  意地っ張り  オフィスラブ  溺愛  ラブコメ  胸キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。