森岡千咲と申しますm(_ _)m


これはタイトルと裏腹にちょっと?重くて暗い話で好き嫌いありますよね…

私としては切ない系の余韻は短編に合っている気がして、ちょびっと自己満足してます。

本当はもっと詳しく情景や心情を書こうと思ったのですが、あえて曖昧な方が魅力がある気がして削りました。


よくわからない話かもしれませんが、なんとなく好きだとか、どこか心に残ると思ってもらえたら嬉しいです(^^)


この作品のキーワード
ふわり  失恋  過去  さらり  あの頃