由香をおいてきてしまったことを後悔しつつ
重たい足を懸命に動かし
やっと夏目恵介研究室の扉の前まで戻って来た


一度ゆっくりと深呼吸をして
心を落ち着ける


そして
恐る恐る扉を開き
隙間から中を覗く


バレていない


そう思った冬音だったが
夏目の方を見た瞬間目が合った


「ほら、迎えがきたぞ」



こちらを覗く冬音を見ながら
由香にそう言うと
ソファーを立ち上がりデスクに向かった


「夏目さん
お邪魔しました」


冬音が来ていることに気付いた由香は
夏目に挨拶をすると
研究室を後にした

この作品のキーワード
大学  心理学  俺様  冷たい  意地悪  ときめき  イケメン  先輩  美少女  胸キュン