最近、雅春との関係がうまくいっていない。ベッドの中で擦れ違う。譲歩し合っても達成感が得られない。それが日常生活にも影響を与えはじめていた。


今夜もやっぱり擦れ違い。浴びるほどキスをして、あんなにお互いの体に舌を這わせたのに。

「七海……、僕の事好きじゃない?」

「好きだよ。……好きじゃなかったらこんな事しないよ」


静寂したベッドの中で雨音のように、ぽつりぽつりと会話する。

汗が引いて冷える体。温もりを求めて手を伸ばした時、雅春が寝返りを打った。

背を向けられ、私の全てから雅春が消えていくような、そんな不安感がシーツの波間を押し寄せてきた。


『七海、別れよう』


幻を囁く不透明な声。泣きながら、逞しくて美しい背中に手を当てた。

「雅春」

「んっ?」

再びこっちを向いた雅春の体。ダークブラウンの瞳と蝶を思わせる長い睫。その瞳で見つめられると、余計に涙が溢れる。

「泣かないで」

「だって……」

「大丈夫。別れようなんて言わないよ」

雅春はそう言いながら私の細い体をぎゅっと抱き締めた。


冷えた体に体温が滲みていく。心が愛し合えるうちに体も愛し合いたい。



この作品のキーワード
プロポーズ  藍崎恵衣  LC  恋愛  らぶらぶ  いちゃいちゃ  短編    純愛  ラブコスメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。