「さ、それじゃあパートのお姉様たちへの自己紹介もすんだところで…」


小林が話し始めると、おばさんたちはまた笑った。


「ほんと、小林君はお世辞が上手いわぁ」


「ほんとほんと!顔がいいからって、その手には乗らないわよー」



口々に容赦なく部長である小林にツッコミを入れる彼女たちは、皆そろって陽気で楽しそうだ。

パートのおばさんたちから「小林君」なんて呼ばれても嫌な顔ひとつせず、小林部長もそれを一緒になって楽しんでいる。あゆみはそれに心底驚いた。




「お姉様たちは、うちの要だからね。あゆみちゃんもいろいろ教わることがあると思うよ」



呆気にとられるあゆみに小林は笑顔で言った。




「お姉様たちの次は…そうだな、頑固オヤジたちに挨拶に行くか」



小林はふっと笑った。



「次も面白いのが沢山いるよ」



「はぁ…」




おばさんの次は頑固オヤジ。あゆみの心にまたしても不安の波が訪れた。


この会社で、やっていけるだろうか。一度リタイアを経験したことで、臆病になっているだけだろうか。



あゆみの不安を察したのか、小林はあゆみの肩をぽんと叩いた。



「大丈夫。リラックス、リラックス!」



「は…はい…」




この作品のキーワード
不器用  上司  オフィスラブ  部長  イケメン  オトナ女子  ほのぼの  ラブコメ  社長  年上