それからしばらく、バスが出発したあともふたりのどなり合いは続いた。




「大体、サヤがイカ焼きなんか買って来るから悪いんだろ!オッサンらだってスルメとさきイカで我慢してんじゃねーか!」




「はぁ?!イカイカうるさいわね!もうほっといてよ!あたしはあゆみちゃんと話したいんだから、アンタははやく合コンに戻んなさいよ!」




「なんだと?!このイカ女!」




「イカ男はあんたでしょ?!」




「なにぃーーー!?!」




ついに我慢できなくなったらしいマツさんが缶ビールを片手に合コン中の若手社員をかき分けて、ズンズン前に進んで来る。




「ち…ちょっと!こっち来ないでよ!この酔っ払いーー!!」





「桜庭チャン、悪いけど、その席譲ってくんねぇか?俺はコイツと話をつけなきゃ気がすまねぇから」




マツさんが、あゆみの座席の背もたれに手をかけて言った。


よく見ると、マツさんは鼻にもピアスがついている。薄くて短めの眉と茶髪の短髪が、私服で見るとかなり怖い。





「えっ…は…はぁ…」




(でもどこに移動すればいいんだろ…)




「なに勝手なこと言ってんのよアホマツ!あゆみちゃん!コイツの言う事なんか聞かなくていいからね!」




「頼むよ、桜庭チャン」




(マツさん…。こ…こわいよぅ…)



この作品のキーワード
不器用  上司  オフィスラブ  部長  イケメン  オトナ女子  ほのぼの  ラブコメ  社長  年上