拓弥Side


美容師になって1年


慣れない場所で客に愛想笑いばっかして

帰るときにはもうクタクタ…



そのせいで愛しの人、結菜に冷たくしてしまう最低彼氏



正直もう結菜は俺のことなんて好きじゃないと思う
絶対に


俺が女だったらとっくに別れる



でも結菜は毎日俺を支えてくれてる


答えは決まっているのに夕飯は何がいいか聞いてくれるし、風呂は必ず洗ってお湯がたまってる状態



俺だってもっと結菜の側にいてやりたい

てか、側にいたい


それに結菜の作った料理だって食いたい

でも新人の俺は先輩に付き合わないといけない


でもそんなのただの言い訳だ



この作品のキーワード
年上  別れ  年の差  美容師  冷たい  高校生  後悔