薄暗い倉庫の中で、小麦粉の入った袋を台車に乗せる。

腰も腕も痛くて、額からは汗が流れてくる。


一人になると無性に心細くなるけれど、それはこういった肉体労働がキツいからというわけではない。

私を悩ませるのは、私にこの仕事を指示した、彼――――



「――――遅い! さっさとカスタードの準備にかからないと今日はクリームパンもアップルパイも店頭に出せなくなるだろ!」



ガラガラと台車を押して厨房へ入るなり、浴びせられる罵声。

二十五キロの粉袋が小柄な私にとってどれだけ重いかとか、まだここに勤め初めて三日目だからとか、そんな言い訳は彼に通用しない。

だから私は黙って、カスタードの準備に取りかかる。


その間に盗み見た彼の、手際よくクロワッサンを成形していく顔は真剣そのもの。

誰よりパンを愛していて、仕事熱心なことはものすごく伝わるし、これからもっと彼を理解したいと思ってはいるけど……


「馬鹿、ダマになってる。貸せ、俺がやる」


いつの間にか近くにきていた彼に鍋と木べらを奪われ、私はコンロの前から押し出される。


「ごめんなさい、昴(すばる)さん……」

「謝るくらいならしっかり見て覚えろ。明日は手伝わないからな」


じわり、浮かんだ涙をごまかすように、に何度も瞬きする。

そして固くなっていくカスタードの優しい黄色を見ながら、誰に聞いたらいいのかわからない問いかけを胸の内で呟いた。


私たち、本当に婚約者よね……?


――――と。


この作品のキーワード
パン屋  俺様  執事  お嬢様  職人  お見合い  婚約者  同居  切ない  働く男子