「ただいまー!」


ちょうど料理ができた頃、輝たちがかえってきた。


「おかえり」



出迎えようと、玄関までいくと



「あれ…?それは?」



二人はたくさんのビニール袋を手にかえってきた。



「何?それ?」


「あっ、お土産。飯買ってきた」



また、私のなかで何か音が鳴り始めた。



「そうなんだ…」


「もしかして、飯作っちゃった?」



なんて言おう。


作ってないは通用しないよね。



「電話してくれれば良かったのに、作っちゃったよ」



精一杯だった。



「えっ!ごめん…なんか、そうだよな。電話か、気づかなかった」


『気づかなかった』


そう言われた瞬間、ひと時も私のことを思い出さなかったと言われてるみたいで、悲しい気持ちになった。

この作品のキーワード
冷たい  あまあま  すれ違い  嫉妬  いちゃいちゃ  一途