「もう一つ、愛海誤解してる」


なんのことだろうと思い首を傾げると



「愛海の涙は迷惑なんかじゃない。すごく綺麗だ。泣き顔も笑顔も全部愛おしいから。それに、愛海が迷惑だなんて思ったことない」


幸せ。


その言葉以外浮かばない。



「だから謝らないで欲しくて、でも愛海泣くし、理性崩壊する寸前でつけはなすようにしか言えなくて…本当に愛海はなんも悪くない」


「だから、これから先なんか俺がそういうようなこと言ったら、その場で言って」


「なんて?」


「今みたいに、辛いって悲しいってちゃんと言ってほしい」



大きく頷くと、腰に巻かれてる腕にさらに力が入った気がした。

この作品のキーワード
冷たい  あまあま  すれ違い  嫉妬  いちゃいちゃ  一途